企業法務の存在感

企業は言わば、法律と常に向き合っていると言えます。
活動をする上で、必ず何らかの法律と関わっていくからです。
つまり、企業が健全な運営を行っていくには、そういった法律に関する専門的な部署が必要となってくるのです。
企業法務は企業にとってまさに心臓部とも言える存在になってきました。
このサイトは、企業法務の存在について説明します。

企業法務は元々、法的なトラブルへの対応に当たっていました。
例えば取引先の倒産や、顧客からのクレームに対し、法的な解決を行います。
このような法務を臨床法務と言い、企業法務はこの臨床法務が主な仕事でした。
しかし、コンプライアンスなどが厳しく問われるようになってくると、予防法務という業務が行われるようになりました。
社員の教育やマニュアル作りです。
トラブルを未然に防ぐ試みを社内で行うものに仕事は移行していったのです。

さらに企業法務は仕事の幅を広げていきます。
企業の成長過程において重要な意思決定にも参加するようになったのです。
例えば、企業の買収や合併の際のリスクを分析したり、新製品の開発に携わったりもしています。
こういった企業法務に求められる人材は、発想力に富み、コミュニケーション力があり、語学力も兼ね備えている必要があります。
今までは法務部がこういった仕事も兼用してきましたが、企業内での存在感が増すにつれ、独立した部門として設置する企業も増えてきました。
これからの企業の在り方は、まさに企業法務から作られると言っても過言ではないのです。



○推奨サイト
弁護士と顧問契約を結べば取引先とトラブルが起きた際に相談することが可能です ・・・ 弁護士 顧問契約